シリコン素材のラブドール

シリコン素材のラブドールのほうが高いから品質もいい!?

ラブドールといえば、シリコン素材をイメージする人も多いんじゃないかと思います。

 

 

ラブドールは通常1体で80万くらいする高価なものですので、きっと素材もいいものを使ってるはずと思いますよね?

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

そこで、ここではなぜラブドールにシリコン素材が使われるケースが多いのか、そしてどんなメリットがそこにはあるのかあなたに解説します!

 

 

ラブドールにシリコン素材を使うメリットって?

 

 

そもそもなぜラブドールにはシリコン素材が多く使われているのでしょうか。

 

 

そこには大きな理由があるんです。

 

 

それは「保温性」です。

 

 

やっぱりできるだけ本物の人間に近いぬくもりを感じ取れるラブドールがいいですよね?

 

 

その点においてシリコン素材というのは優れているんです。

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

人の体温に近いものをユーザーに感じさせることができるというわけですね。

 

 

豊胸などでもシリコン素材がよく使われていることから、素材として広く認められているということはおわかりいただけるんじゃないかと。

 

 

シリコン素材のラブドールにはデメリットも!?

 

 

シリコン素材のラブドールは良いことばかりではありません。

 

シリコン素材のラブドール
特に2つの大きなデメリットがあります。

 

 

1つ目はなんといっても価格がものすごく高いという点です。

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

シリコン素材そのものがどうしても高価なものである以上、ラブドールの値段も1体あたり80万くらいはかかってしまいます。

 

 

2つ目のデメリットはもうひとつのTPEという素材に比べて固めであるという点です。

 

 

やっぱりラブドールである以上、できるだけ柔らかいほうが嬉しいですよね?

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

価格の高さと柔らかさに難点があるということは覚えておいてください。

 

 

国内メーカーはシリコン素材が主流だけど…

 

 

現在、国内のラブドールメーカーの多くがこのシリコン素材を利用したラブドールを販売しています。

 

 

ということは、やっぱり80万くらいは準備できるお金に余裕のある人でないとラブドールを買う土俵にすら立てないの!?と思うかもしれません。

 

 

でも大丈夫!!じつはもうひとつのTPE素材のラブドールなら10万円台で購入することができます♪

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

このクオリティーで10万円台ですよ!?

 

 

ある意味、スゴイ恵まれた時代になったものですよね〜

 

 

えっ…でも安いってことはそれだけしょぼいんじゃないの?と思うかもしれません。

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

というか私自身がTPE素材のラブドールを知る前はそう思いましたので(笑)

 

 

TPE素材のラブドールについて知りたければ、こちらの記事も読んでみてください。

 

 

シリコン素材とはまったく異なるTPE素材の特徴について解説しています。

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

じつは海外ではこのTPE素材のラブドールが主流になってきてるんですよね。

 

 

だってシリコン素材とほぼ同レベルのラブドールが安く作れるなら、そのほうがいいに決まってますからね。

 

 

シリコン素材のラブドール

 

 

国内でもそのうち移行していくかもしれませんが、工場設備が必要になるのでまだあまり浸透していません。

 

 

え〜!じゃあ国内でTPE素材のラブドールを購入できるお店はないの?と思われるかもしれませんが、じつはキスドールというお店がTPE素材ラブドールの専門店なんです。

 

 

ですので、10万円台くらいで安くラブドールを入手したいのであれば、正直キスドールの一択なのが現状です。

 

シリコン素材のラブドール
特に、最近キャンペーンをやっててかなり安くラブドールを買うことができますので、購入を検討しているのであれば早めに見ておいたほうがいいですね。

 

 

以下が公式サイトになりますので、1度じっくりどんなラブドールがあるか眺めてみてください♪

 

 

キスドールの公式サイトはこちら

関連ページ

TPE素材のラブドールは画期的!?【1番長持ちする素材】
あなたはTPE素材というものを知っていますか?じつは、ラブドールの世界ではとても人気のでてきている素材なんです♪ここでは、シリコン素材との違いも合わせて紹介します!