TPE素材のラブドール

TPE素材のラブドールって何がいいの?

TPE素材のラブドールっていったいどこで優れているのでしょうか。

 

 

シリコン素材とそんなに違うものなの?と思いますよね。

 

 

TPE素材のラブドール

 

 

なんだかよくわからないな〜という人のために、シリコン素材との違いもふくめてお伝えします♪

 

 

TPE素材のラブドールは人間らしさをより感じます

 

 

そもそもTPE素材ってなんだかとても専門的な言葉ですよね。

 

 

正式には「熱可塑性エラストマー」といいます。

 

 

どんな特徴がある素材かというと、ゴムとプラスチック両方の特性をもちあわせているので伸び縮みしやすいんです。

 

 

TPE素材のラブドール

 

 

そのため、弾力があって壊れにくいです。

 

 

また、シリコン素材のラブドールよりもパッと見てより本物の人間らしさを感じることができるのもTPE素材ラブドールの特徴です。

 

 

TPE素材のラブドールは値段が安いことが最大のメリット

 

 

シリコン素材のラブドールはこちらのページでも書いたとおり、1体でだいたい70〜80万くらいはかかります。

 

 

TPE素材のラブドール

 

 

ですので、特にはじめてラブドールを購入するには敷居が高いです。

 

 

買ったあとで後悔しても80万はかえってこないですからね…。

 

 

その点、TPE素材のラブドールは10〜20万という低価格で買うことができますので、まずはこちらを買ってラブドールの良さを実感してみるのがいいと思いますよ。

 

 

TPE素材ラブドールのデメリットは?

 

 

逆に、TPE素材のデメリットとしては、熱に弱くて100℃くらいで溶けてしまいます。

 

 

ただ、通常の使いかたをしていてラブドールが100℃の高温にさらされるというシチュエーションはまずないですよね?

 

 

TPE素材のラブドール

 

 

意図的に燃やしたり火事にでもならない限りは…(笑)

 

TPE素材のラブドール
あとは買ってみるとわかるんですが、最初だけ少し臭気を感じるケースがあります。

 

 

これもしばらくすれば感じなくなるので大丈夫です。

 

 

TPE素材ラブドールについてまとめ

 

 

TPE素材のラブドールについて間単にまとめてみます。

 

<<メリット>>
1.シリコン素材よりも壊れにくく本物の人間らしい肌質
2.1体あたりの金額が圧倒的に安い

 

<<デメリット>>
1.熱に弱く高温(100℃くらい)にさらすのはNG
2.ラブドールに若干臭気を感じるケースあり

 

 

 

TPE素材のラブドールを販売しているお店は少なく、現在はキスドールさんの1択なのが現状です。

 

 

ラインナップも豊富ですので、あなたにピッタリのTPE素材ラブドールを探してみてください♪

 

 

キスドールの公式サイトはこちら

 

関連ページ

シリコン素材のラブドールってどうなの?1番長持ちするのは!?
もしあなたがはじめてラブドールを選ぶのであれば、できるだけ長持ちする素材のラブドールを買いたいですよね。そこで、ここではラブドール素材のなかで一般的なシリコン素材についてわかりやすく解説します♪