ラブドールと障がい者の性問題

ラブドールは障がい者の性問題で注目されている!?

ラブドールって最近でこそ展示会とかも開催されていますが、大っぴらに世間で飛び交うような単語ではないことも事実です。

 

 

でも、そんなラブドールもある業界では一目置かれていることをあなたはご存知でしょうか?

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

それは障がい者をはじめとする「介護」関係の業界です。

 

 

じつはラブドールって個人で購入してるイメージが私もあったんですけど、実際は事業者としてまとめて購入してるところも結構あります。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

その理由はもちろん障がい者の性のサポートをするためです。

 

 

他にも自慰行為の補助のためにいわゆるアダルトグッズを買いこんで用意している事業所もありますね。

 

 

ラブドールは障がい者の性サポートにピッタリな2つの理由

 

 

最近では、ホワイトハンズのような自慰介助サービスもでてきてますが、まだまだ発展途上の段階です。

 

 

また、もちろん生身の人間と交わりたいとは思うものの、たとえば介助者が自分の親と同世代であれば心理的に抵抗があるという話も障がいを持つ人から直接聞いたことがあります。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

その点、ラブドールはあくまでドールですので、生身の人間と関わるときに生じる「遠慮」などは必要ありません。

 

 

障がい者が自慰行為やSEXをしやすいようにポーズを固定することだってできちゃいます。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

ですので、ラブドールって使い方によっては性介助の場面でもものすごくチカラを発揮するんですよね。

 

 

もちろん、障がい者と一口にいってもそもそも体全体をほとんど動かせない人もいますし、全員にラブドールがふさわしいものではありませんが、人によってはかなり精神面を包み込んでくれる存在になり得ると思いますよ♪

 

 

事業者だからこそラブドールを購入しやすい

 

 

ラブドールって1体で基本的に70万くらいはするものなので基本的に個人が購入するには金銭的に結構な覚悟!?が必要です。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

数万程度ならまだしも1桁違いますからね〜…汗

 

 

でも法人事業者さんとかであれば、個人よりも圧倒的に大きな金額のお金も動かしやすいです。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

私も経営者やってるのでその差は身に染みてわかります(人件費のほうがよっぽど高い)。

 

 

そのため、障がい者のサポートをする業界の事業者こそラブドールは検討してみてほしいですね。

 

 

ラブドールが1体10万円台で購入できるってホント?

 

 

ラブドールが1体で70万以上する1つの理由は、高価なシリコン素材を使ってるからなんですが、最近ではTPE素材でできたラブドールを10万円台で購入できる時代になっています。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

ですので、このTPE素材のラブドールに関しては、マニアだけでなく個人で結構気軽に購入する人も最近増えてます。

 

 

10万円台なら家庭用PC1台買うようなものですからね。

 

 

ちなみに、TPE素材の質の良いラブドールを扱ってる国内業者はまだ少なくてキスドールさんくらいです。

 

 

ラブドールと障がい者の性問題

 

 

このクオリティーで10万円台ですよ!?

 

 

以下がキスドールさんのホームページになりますが、現在10万円台で購入できるセールをやってますので、事業者さんのなかには施設ごとにまとめ買いしているケースもあるそうです。

 

 

キスドールのHPはこちら

 

 

たくさんのラブドールがありますが、シリコン素材のラブドールに負けず劣らず、その質の高さに本当に驚かされますよ!